AIU保険会社のサイトにジャンプします
承認番号
AIU-T-15-0196 
承認日2015/10/6

日本語教師/教育学 (LOTE Japanese/Education )
海外の子供たちに日本語を教えたい!
昔から根強い人気を誇る講座だが、夢を実現させるには様々な方法があります。
日本語教師になるのを夢見てオーストラリア留学を選ぶ学生は多い。
オーストラリアの親日的な国民性と他言語教育に力を注いでいる教育制度の後押しもあり日本語教育は盛んです。

まずオーストラリア現地で日本語教師として働くには、オーストラリアの教員免許を取得する必要があります。
教員免許取得は、大学で教育学の学士号を履修しなければならず、日本語教師になるには加えて日本語教育(外国語教育=LOTE “Language Other Than English”)専攻の学士を得なければなりません。
あるいは一般の学士号とGraduate Diploma以上の教育学か外国語教育に関わる学位を修了する事が条件です。
英語を使って日本語を教える教授法を利用している為に教育学への入学基準は他の専攻に比べて英語力が高く求められる場合が多く、また各州によって教員免許の取得条件が異なる場合があるので注意が必要です。
オーストラリアで教員となる オーストラリアで教員資格取得後に公立の幼児・初中等教育機関で教えたい場合は、教職に就きたい州の教育省に、私立教育機関の場合は直接学校に申し込みます*1。専門学校や大学で教えたい場合、教員登録の必要はなく、直接教育機関に申し込みます。
また一般的に、初中等教育機関で日本語を教える場合でもオーストラリアの教員資格が必要です。
大学で日本語を教えるには修士号以上の学位が求められます。

*1 州によっては事前に州の教員登録機関への登録が必要です。教員登録の条件は州によって異なるので、詳細はそれぞれの州の教員登録機関や州政府教育省にご確認ください。
日本で教員となる 公立の小学・中学・高校の教員となるには、文部科学省が定める条件を満たし、なおかつ各都道府県が実施する採用試験に合格する必要があります*2。私立教育機関の場合、各学校が独自の選考方法や選考基準を設けていますので、直接学校にお問い合わせください。

*2 詳しくは、文部科学省のサイト「教員に関すること(教員支援情報)」をご参照ください。www.mext.go.jp/a_menu/01_h.htm
チャイルドケア 子どもの言語や社会性、身体、感情面の発達を考慮し、子どもとのかかわり方や教育プログラムの組み立て方などを幅広く学びます。法律やサービス開発など、幼児・児童向けサービス業界で働いたり、幼児教育機関を管理・運営する際に役立つ内容も学べます
教育学(初等/中等教育) arrow初等教育…オーストラリアの初等教育(1〜6年生または7年生)での教職資格取得を目指すコースでは、教育心理学や教授法、カリキュラム論などの理論に加え、芸術や保健体育、英語、算数、理科、環境などの必修科目を教えるための知識とスキルを習得します。また、選択科目で外国語(日本語を含む)の教授法を履修することができます。

arrow中等教育…中等教育(7または8〜12年生)で教職に就きたい場合、最低2つの必修科目を教えられる資格が必要なため、学士課程で通常4年間かけて、教育学士号と専門分野の学士号を同時に取得します。教育学士課程では、カリキュラム研究や教育政策、教師管理など、教育や教授法に関する理論の学習と教育実習が中心となります。

*教育学以外の学士号取得者を対象とした学士課程(Graduate Entry)や、グラジュエート・ディプロマ課程は、教育学理論や教授法、教育実習が中心となるため、すでに修了した学士課程において、中等教育の必修科目に関連する2つの専門分野を学んでいることが入学条件となります
教育機関別での学習内容
arrow専門学校
保育施設や幼稚園などで働くチャイルド・ケア・ワーカーとして必要な知識とスキルを実践的に習得するコースが、サーティフィケート・レベルから提供されています。現地の保育園での実習も多く取り入れられているため、オーストラリアでの幼児・児童ケアの現場を実際に体験することができます。ディプロマ課程を修了し、取得した単位を用いて大学の幼児教育学士課程などに編入することも可能です。

arrow大学
幼児教育、初等教育、中等教育のいずれかの教員資格取得を目指します。専門分野を深めたい学生には、ビジネスなど教育学以外の分野を併せて専攻するダブル・ディグリー(doubledegree)という選択肢もあります。
すでに教育学以外の分野で学士号を取得している人は、2年間で教育学士課程を修了できるコースBachelor of Education (Graduate Entry)の受講で教職を目指すことができます。

arrow大学院
教育学以外の学士号取得者も、大学院でグラジュエート・ディプロマ課程を修了することで教職を目指すことができます。
英才教育や養護教育などの特殊教育や遠隔教育、成人教育、eラーニング、幼児教育機関や学校の管理・運営など、さまざまな専門コースがあります。また、現役の教員を対象とした、より高度な知識や技能、専門性を習得し、キャリアアップを目指すためのコースも多数提供されています。

無料カウンセリングへ

PAGE TOP