AIU保険会社のサイトにジャンプします
承認番号
AIU-T-15-0196 
承認日2015/10/6

知っていた方がお得なマメ知識
海外送金は、一括で送った方が経済的
海外送金を行う際には必ず金額に関わらず送金毎に銀行送金手数料が課せられます。
また円送金の場合は、日本の銀行で両替業務が起こらないことから、更に別途送金手数料が加算される場合があります。
従って数回に分けて円送金するより、一括で送金したほうが送金手数料が節約できますし、また円送金に課される送金手数料も、最終的に受取るNZまたは豪ドル額よりも多くなければ、十分為替差益を得られます。
まずは、送金前に各金融機関の手数料をご確認の上、なるべくまとまった額を一括して送金が最も賢い方法です。
留学資金などを一括してKVBに送金。到着後に生活費などを受け取る事も可能
円送金取扱業者のKVBにて着金確認ができ次第、日本円から豪ドルに両替されます。
その後、申し込み時にご選択した「資金受取方法」に従い、指定の口座に振込み、またはオーストラリア到着後の受け渡しまでKVB保管されます。両替レートは着金確認時に自動的に固定され、両替明細書はE-mail、ファックス、または郵送にて送付されます。
また、一部額面(例:学費の支払いなど)を即支払い、残りはKVBにて保管しておくことも可能なので、オーストラリアに到着後に開設した銀行口座へKVBでお預かりした資金を振り込む事もできます。
到着後、すぐにお金が必要な方
空港からの交通費、当面の生活費として現金が必要という方には必要最少限の現地通貨と日本円(現金やトラベラーズチェック*)を持ってくる事をお勧めします。現地通貨への両替は空港内でも可能です。
この際の注意点は、とても高いレートを設定している両替商もあるので、両替を行う際は、当社を賢く利用してください。
当社のレートは日本の銀行のみに限らず、現地銀行や両替商のレートよりもずっと有利です。
トラベラーズチェックは購入・両替時に取扱手数料が課徴される場合があります。
必ずお読み下さい
海外送金には日本の銀行で送金手数料、また豪州の銀行で支払銀行手数料(受取銀行手数料)が課せられます。
金額は各銀行によって異なりますので直接ご利用になる銀行にお問合せ下さい。

日本の銀行にて円送金手続きを行う際、支払銀行手数料(受取銀行手数料)箇所を受取人負担を選択されることをお勧めします。
その場合、豪州の銀行で支払銀行手数料(受取銀行手数料)が差引かれて入金されますが、日本の銀行でお支払いされるよりも小額で済みます。

円送金に要します日数はおそよ2〜5営業日となりますが、銀行処理速度により異なるため正確な日数は確約しかねます。
また日本の祝祭日、および、豪州の祝祭日に当たる場合など、2カ国いずれかの国の銀行業務が停止している場合、送金も行われませんので、年末年始や長期休暇(クリスマスホリデーイースターホリデーや、日本のゴールデンウィークなど)に関わるご送金には余裕をもって行って下さい。
両替等の取引はお客様のご資金を受け取った国のKVB Kunlun各店舗でのみ対応しております。
ご資金は、必ずご両替をしていただくことが条件となりますのでご了承下さい。

両替処理後は、いかなる事情においてもそれを無効にし、ご資金を両替前の状態に戻すことはいたしかねますので、予めご了承ください。

arrow学費やご家族からの送金にお得!!賢い海外送金方法について
arrow塵も積もれば・・・大切な資金を無駄なく活用する賢い送金方法
arrow安心して「円送金」サービスをご利用下さい
arrow知っていたほうがお得なマメ知識
KVB Kunlunの円送金サービスへのお申し込み(バナーをクリック)

無料カウンセリングへ

PAGE TOP